地域のニュース

たかお農機店のオンラインショッピングページの制作が始まります。

茶畑や古民家がふと目に止まる田舎の風景・・・櫛田川が流れ、緑や赤い橋が点在する三重県松阪市飯南町
そんな自然豊かな粥見町で、農機具の販売・修理を行っている『たかお農機店』の店主 高尾直生さんが、お店で取り扱う牛肥やきのこ、クレソン、杉のお箸などを自社ページでも販売したいと考え、その取材のため私たちも同行させていただきました。

まずお邪魔したのは特産松阪牛推進農家の高尾畜産さん、「完熟推肥」で牛肥を製造販売しておられます。
牛舎の床を清掃し半年までの間にマニアスプレッターで、攪拌と切り返しを行い、そこからさらに2ヶ月間置くことにより良質な推肥に仕上がるとのこと。

さらに良質な発酵促進剤を加えているので悪臭はありません。指の間を通り抜けるサラサラ感を見せてくださいました。

「牛糞+おが屑+もみ殻+わら等」のみ使用の100%有機質肥料です。と高尾洋輔さん。

続きまして、写真右側が高尾農機店の高尾直美生さんで、写真左側が多気郡多気町の野呂キノコの野呂昌生さん。「キノコ狩り」の体験が好評で、9月中旬〜5月上旬までの間、季節によって原木椎茸・舞茸・ナメコ・ヒラタケの収穫体験がでるそうです。

家業を継ぐためにサラリーマンをやめたという野呂さん。新種の開発にも積極的に取り組んでおられます。「五桂池ふるさと村に隣接する土地ではきのこ狩りスペースとバーベキューコーナーを作ってその場で食べていただけるんですよ。」と教えてくださいました。


松阪市飯南町で野菜をつくっている「やまもり畑」の青木亮治さん。
農薬と化学肥料を使用せず野菜を育てながら野菜セットを販売していらっしゃいます。

こちらは「はぜの風」のオーナー北川京子さん。松阪市飯高町波瀬でクレソンが大繁殖し、困っていたところ知人から、これは特産品になるから育てるようにとアドバイスしていただいて以来、メディアでも紹介していただく機会が増え、飯高の道の駅でも販売しておられます。
「谷から流れ落ちる水の自然の力で育つクレソンは豚肉と相性抜群!「クレソン鍋」は大人気です。イタリアンの食材としてもおすすめです。」

これからどんどん伸びていくクレソン。収穫が待ち遠しいですね。

5月頃、白い花が一面に広がるそうです。

 

予約するとクレソン料理がたべられるお店

はぜの風

波瀬割箸生産組合水谷徹也さん。

杉の柾目のお話をお聞きしました。

最低でも30年くらい経たないとその木の目の美しさは出てこないそうです。

カットしたときにまっすぐ通った木目かどうかで良品かそうでないか価格設定とパッケージが決まります。

神宮杉を仕入れて素材にも拘った伝統の杉の柾目のお箸は日本らしい美しさ。こんなお箸でいただくお料理は味までも一層美味しく感じるのでしょうね。

私の取材日記は以上です。さてどんなオンラインショッピングページが完成するのでしょうか。

 

高尾さんの地域の生産者さんとその商品に惚れ、自社ページで紹介したいという素朴な気持ちから立ち上がろうとしているサイト。

完成を楽しみにしています。

 

高尾農機店

ウェブサイトhttps://noukiyatakao.com/

この記事のライター紹介
伊勢乃志摩子
WEBデザイナー&カメラマン&ブロガー&ユーチューバー
住まい:三重県志摩市横山展望台から見える伊勢志摩国立公園の中
高校時代からの趣味は写真📷ウェブサイト制作歴 22年

profile
2000年 ウェブサイト制作事業スタート
2016年  S・O・L・A・R・I・S始動 
コマーシャルフォト・ポートレイト撮影
アルバム、フォトブック、パンフレット、名刺など印刷物制作、動画制作、SNS指導もやってます。
気まぐれに地域情報を投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。お仕事のご依頼も大歓迎です!!
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「女性でも塗れる」与那国島の「化石サンゴ」 を主財とする壁の塗材…
  2. 伊勢志摩G7サミットで首脳達の胸元に飾られたラペルピンは県にも贈…
  3. 民泊施設・アッパッパ屋の家 でバーベキュー体験( 三重県度会郡南…
  4. 『ギャラリー 奥伊勢』は15年前に大阪から移住した谷藤 重美さん…
  5. 生でも食べられるよう完全滅菌浄化された伊勢志摩名産「浦村かき」の…
  6. あのりふぐ 奉納
  7. 夏の牡蠣『天然岩牡蠣』の入札
  8. おいしいきのこやきくらげ、しいたけを作るために 美味しい水を求め…
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ

PAGE TOP