伊勢志摩の祭り

⑤ 伊雑宮御田植祭 : 御田植神事 (御料田)

 

荒れた御料田がならされた後、謡・田楽が流れる中、田道人(たちど)と早乙女が交互に手を取り合い早苗が植えられていく。竹取神事の迫力ある光景とは一転し、清々しくも荘厳な雰囲気が御料田に漂う。
小謡一番から九番がすむと中休みとなり、奉仕者は若布(わかめ)の引張肴で酒宴次いでおくわか、さいわかによる「刺鳥差(さいとりさし)の舞」。
続いて小謡十番から十八番まで唄う。
十三時頃終了。
野川橋を渡り、川で手足を清めます。
続きまして⑥踊込みへ→★
——————————————————————–

①伊雑宮御田植祭(いざわのみやおたうえまつり)

②御料田に参者する

③竹取神事 (泥まみれになる裸男たち)

④竹取神事 (忌竹(いみたけ)を奪い合う)

⑤御田植神事 (御料田)

⑥踊込み

⑦千秋楽の仕舞


この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 竹取神事 伊雑宮御田植祭(志摩市磯部町)
  2. ③しろんご祭/雌雄一対のアワビ「まねき鮑」(鳥羽の離島・菅島 2…
  3. わらじ祭り: わらじ曳き神事 (志摩市大王町 波切神社)
  4. ③ 伊雑宮 御田植祭: 竹取神事 (泥まみれになる裸男たち)
  5. 480年以上の歴史が残されている宇賀多神社の獅子舞(志摩市阿児町…
  6. 踊り込み / 平成25年 御田植祭 (志摩市磯部町・伊雑宮)
  7. 宇賀多神社の獅子舞(志摩市阿児町鵜方)
  8. 楠の宮 弓引神事

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP