伊勢志摩の祭り

宇賀多神社の獅子舞 (志摩市阿児町鵜方)

続きです。
以下 志摩市観光協会ホームページより転載>>>

 

当初は町の賑わいとして始まったと考えられる。
江戸時代から五穀豊穣、大漁満足、疫病退散など村内祈願として奉納されるようになる。
1日・2日は、宮獅子一頭が舞う。
「くくどり」という天狗の面をつけた案内役の指示に従い、笛、太鼓の奏楽につれて舞い込んだあと、元の位置に戻る。
舞い手が前後交替し三回舞う。
2日は五回舞う。
3日は「例大祭」で、二回目の途中から雌の獅子があらわれ、以後二頭が揃って7回半舞う。
大きく開けた獅子の口に「おひねり」が投げ入れられる。
志摩市観光協会ホームページより

 

最初は赤色の雄獅子が一頭で舞を奉納します。
途中から白色の雌獅子が現れ、二頭で舞いを奉納します。赤の面と白の面を着けた天狗頭取は、獅子の舞の誘導をしたり、衣の乱れを直したりする役だそうです。
神事関係者、来賓の方にお神酒などが振舞われている間の様子ですが、獅子頭は30㎏の重さがあるそうで、中には高校生の男の子が入っているそうですが相当の馬力が必要だそうです。練習量も相当だったと見られます。
舞が終了すると、おひねりを入れて
めでたく結ばれて終了です。(獅子同士のキス場面があったそうですが、撮り逃してしまいました。)
このあと中嶋 年規さん(三重県議会議員)たちによる餅まきがありました。
Facebookで獅子頭の名場面や今日の境内の様子をアップされていました。
>>>https://www.facebook.com/toshikiwawin
伊勢新聞1/4(土)の記事>>>志摩の宇賀多神社 子どもら獅子舞披露 雌雄2頭、勇壮に
宇賀多神社のブログでは獅子舞の練習の様子などを見ることが出来ます。
http://ameblo.jp/ugata1550/
伊勢志摩つれづれさんのブログにリンクさせて頂きます。
↓↓↓
宇賀多神社の正月準備>>>
宇賀多神社の獅子舞の練習>>>
獅子舞練習>>>
2頭獅子舞の練習>>>
獅子舞練習指導反省>>>
宇賀多神社神木・なぎの木>>>>
水みくじです。水に濡らすと文字が浮き出します。
この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. ⑤ 伊雑宮御田植祭 : 御田植神事 (御料田)
  2. ③ ハプニング続出!!!/// 志摩の渦見潟御厨祭(うずみがたみ…
  3. ⑥潮かけ祭り 大島の海辺で / 志摩町 和具
  4. 初穂曳(川曳き) 休憩 川で遊ぶ人 暖をとる人
  5. 平成26年の潮かけ祭り 和具漁港でも潮かけで盛り上がり (志摩町…
  6. 潮かけ祭りが終わって・・・
  7. 平成26年 伊雑宮 御田植祭 ◇ 踊り込み (志摩市磯部町)
  8. ③潮かけ祭り 海に飛びこむ / 志摩町 和具

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP