業務日報

田舎あられをあられ茶漬けにして食べてみました。

 

今日は丸八もち店さんのホームページの作成をしておりました。
やっぱりトップページにはお餅の写真だけでなく、あられ茶漬けの写真も欲しいなぁと思い、ササヤマ へGO!! 塩味と甘口を買ってきました。

田舎あられのお茶漬けは、秘密のケンミンショーでも紹介された三重県民のヒミツのごちそうです。

皆様は田舎あられの想い出ありますか??

私の父親は度会郡岩出の出身で、岩出に帰省すると、おじいちゃんが色とりどりの小さく切ったお餅であられを作ってくれた思い出。口数の少ないおじいちゃんでしたし、めったに田舎に帰らなかったのでおじいちゃんとの思い出は数えられるほどですが、そのことは今でも忘れないです。

そして父も長年勤めた大阪の会社を定年退職してから、明和町に引っ越しして、それからというもののすっかり田舎暮らしを楽しむようになりました。電動の餅つき機を買ってきておもちをついて、ご近所さんに習いながらアラレを作って2階の空いている部屋に新聞紙を並べて干して・・・そして海苔の空き瓶に入れていつも沢山分けてくれていましたが、最近は手間もかかるためかめっきり作らなくなってしまいました。

父親のこの田舎あられのお気に入りの食べ方は、お皿に平らに並べて電子レンジで2分ほどチンして、ドンブリにアラレを入れた上から永谷園のお茶づけをふりかけてお湯を注いで、何ともいえず美味しそうに食べています。

私はしたことがありませんが、こうやってブログを書いてるとやってみたくなりました。明日 やってみます(笑)

他にも、塩コンブをかけたり、永谷園の松茸の吸い物をかけたりする人もいるみたいですね。これも明日、やってみます!こぶ茶をかけるのも美味しいかもしれませんね♪

ちなみに田舎あられ・・・塩味も甘口もとても素朴な味で中でも干しエビ入りは探してしまうほど好きです。
皆様の田舎あられのお茶漬けのおすすめの食べ方・・・是非教えて下さい*^^*
コメントお待ち致しております。
この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 昭和初期の真珠養殖の貴重な写真 (志摩町御座・パール美樹)
  2. ひさしぶりの檜扇荘
  3. 丸八もち店のようかんのご紹介 (志摩町布施田)
  4. ウェブサイトのリニューアル、完成
  5. かめ吉の手打ちうどん作りの作業工程を取材させて頂きました。
  6. ウェブデザインのお仕事
  7. アメブロで売上を伸ばす方法の講習会 /安乗の活魚問屋 丸勢水産の…
  8. 甲賀の碧い海

コメント

    • 木村拓蔵
    • 2014年 2月 19日

    あられが入っている袋の中に岩戸の塩なんぞをちょい入れて、シャカシャカ振って系もありとあると思います!
    木村拓蔵!シャカシャカ系あると思います!

    • 志摩子
    • 2014年 2月 20日

    木村拓蔵さんへ。
    あると思います!
    そうとくれば伊勢海老パウダーとか牡蠣ぽん酢とか三重のスパイス効かせたシャカシャカ系!
    あると思います!
    ありがとうございました^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP