「人」

はさ架けにした御薗大根で昔ながらの伊勢たくあん作り

伊勢沢庵各種漬物製造本舗・林商店 林和代さん
現在も冬になると御薗大根をはさ架けにし、100年使い込んだ木樽に漬けこむ一切機械に頼らない製法で先代の伊勢たくあんの味を守り続けていらっしゃいます。

御薗大根は大正時代から栽培が行われていたとされる三重県の伝統野菜の一つです。一般的な大根よりも長いので地面から掘り起こすが大変。御薗大根を栽培している農家はどんどん減っています。
大根を機械で洗う企業が増え、またコンクリートで漬けた沢庵を販売している企業が多い中、伊勢市小俣町の林商店さんは昔ながらの製法にこだわり、御薗大根をハサかけにして干し、100年使い込んだ木樽に漬け込むという伝統の伊勢沢庵を守り続けていらっしゃるのです。決してラクを選ばず、手間暇かけた伊勢沢庵の美味しさは他とは比べ物にならないということは「本物」を知っている人だけに解る”味”なのです。

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. モナコで6年間料理の修業・イワジン喫茶室のシェフ 岩城悟さん
  2. 「漁師になりたかったんです。」畔志賀漁師塾 一期生 井上和さん。…
  3. 的矢湾で牡蠣の養殖をする松村行徳さん
  4. 丸八もち店 三代目店主 山本歩さん
  5. 魚屋としての長年の目利きで
  6. 五ヶ所みかんをつくりはじめて100年
  7. 鮑を見つけた時のトキメキ。 現役海女の山下真千代さん
  8. 天然あのりふぐの美味しさ
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP