伊勢志摩の祭り

白真名鶴(しろまなづる)の伝説がその起源と伝えられる伊雑宮御田植祭 (志摩市磯部町)

8939

平成28年6月24日(金) 本日開催された志摩市磯部の御神田(おみた)での場面です。

 

白真名鶴(しろまなづる)の伝説がその起源と伝えられる伊雑宮御田植祭(いざわのみやおたうえまつり)

天照大神(あまてらすおおみかみ)にお供えする幸を求めて、倭姫命(やまとひめのみこと)の一行が訪れたとき、一羽の「白真名鶴」が見事な穂を落としたとされ、これを備えて造られた宮が現在の伊雑宮(いざわのみや)だと伝えられています。

8963

◆祭りの次第◆

・拝礼
やくびとが祭りの成功を祈願して参拝とお祓いをする。

・苗取り
田道人と早乙女が苗場を3周半回って苗を取る。

・竹取神事
神田の中央に設置された、「太一」と書かれたうちわ(ゴンバウチワと称する)のついた忌竹(いみだけ)を男が奪い合う。この竹の一片を船に祀れば豊漁となると伝えられるため、男たちは荒々しい奪い合いを繰り広げる。

・御田植神事
笛や太鼓の演奏の中、早乙女と田道人(たちど)が横一列になって苗を植えて行く。半分ほど植え終えたところで、やくびとに酒が振る舞われる。

・踊込み
休憩を挟んだ後、「エイエイシャントセー」という踊り込み歌を歌いながら、神田から伊雑宮一の鳥居までの約200mを2時間かけて練り歩く。歌詞は地区ごとに異なる。一般にはこれにて祭りは終了と思われている。

・千秋楽の仕舞
太鼓と簓によって舞われる舞。

9116

 

9130

 

9142

【磯部の御神田 竹取神事】
御料田に立てられたゴンバウチワという大きな竹柱。
団扇(=サシバ)に描かれた宝珠は「青ノ峰(=青峰山)の金の珠(=魂)」であり、太平洋の荒波をこなす漁師たちの迫力ある姿が起源であると言われています。
また「太一」(たいつ)は天照大神を示し、地元の人の間では「たいち」と呼んでいます。
ゴンバウチワについている忌竹(いみたけ)を裸男たちが泥だらけになって奪い合い、この竹の一片を船に祀れば豊漁となると伝えらています。

9150

 

9158

 

9222

 

9236

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 2013年のしろんご祭り(鳥羽・菅島) ②
  2. 楠御前発柱神社例大祭のご案内(志摩市浜島町南張)
  3. 志摩市浜島町桧山路(ひやまじ)の盆行事
  4. 御田植祭(伊雑宮) 其ノ二
  5. しろんご浜で (鳥羽・菅島)
  6. しろんご祭り 今年の海女頭 (鳥羽市菅島町・しろんご浜)
  7. 爪切不動尊祭り: 微笑ましい光景
  8. 神御衣の素材 和妙(にぎたえ)の奉職 / 神服織機殿(かんはとり…
PAGE TOP