伊勢志摩のイベント

第2回 志摩S1グランプリ!!

エントリーNo S-1  レストラン道
『伊勢志摩御膳』
あおさの天ぷらっていうだけでも美味しいのに、ヒオウギ貝の衣にするという絶対に美味しいに違いない1品。
添えられたレモンとお塩をたっぷりふりかけていただくと、磯の風味が一層増します!
焼くとホクホク柔らかいヒオウギ貝ですが、揚げるとしっかりと弾力のある食べ物になるんですね。
伊勢志摩御膳は、このヒオウギ貝の天婦羅と、お刺身の盛り合わせ、甘めのタレが絡まった伊勢うどん、小鉢、ご飯、お漬物がついて1,500円(税込)
こちらはS1期間中のお値段で、通常1,600円だそうです。
お店は土産物店に囲まれていて、伊勢から志摩へのアクセスに便利な場所にあります。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-1  レストラン道
伊勢志摩御膳
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

 

No S-2  浜島前 鮨ふみ
『海鮮丼(赤だし付)』
プリンが有名という 鮨ふみさん。海鮮丼も絶品でした。
嬉しかったのはご飯が温かくなかったことと混ぜ込まれた胡麻などの薬味の風味が良く海鮮ネタとの相性が最高のご飯だったこと。
そして丼ぶり一面に10種類もの造りたてプリプリ新鮮ネタが綺麗に丁寧に盛りつけられていたこと。
そして美味しい赤だしがもれなくついていること。
カウンター席には早くも常連さんらしきご年配の男女4人が席を並べていて、対面調理中の大将との漫才を聞いているような思わず聞き耳を立てて思わず一緒に笑ってしまいます。ご主人の人柄に人が集まる・・・きっとカウンター席は一番人気席なんだと思います !
そこに流れている音楽は昭和の懐かしいばんばひろふみのSACHIKOや山口百恵のさよならの向う側とくるので本当に昭和の映画を見ているような温かい光景でした。
そのタイミングで持ってきてくださった食後のプリンも鼻の奥までくる美味しさで、お支払いの時に思わず「プリンはお母さんの手作りですか?」とお聞きすると思わず微笑んでしまうような可愛いらしい答えが返ってきました。是非聞いてみて下さいね。
※天候により食材が揃わない場合があるので事前に予約をしたほうがいいと思います。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-2  浜島前 鮨ふみ
『海鮮丼(赤だし付)』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-3  磯料理ヨット
『本当はヨット定食を食べて欲しいんやけどセット!略してS1セット』
私、時々無性にヒオウギ貝や大アサリ、サザエが食べたくなる時があります!
そう!  今日は焼き貝が無性に食べたい気分だったんです!
ヨットさんではカウンター前の厨房にある水槽から取り出したばかりの貝を目の前で焼いて下さり、焼きたてをいただくことができます。
S1セットのメインは人気のヅケ丼。赤身魚をヅケにして、どんぶりに盛ったご飯のほうが先に終わってヅケが残ってしまうほど太っ腹に盛りつけてあります。
ヅケの食感と特製タレの旨み、ワサビ・胡麻・もみ海苔などの薬味を楽しみながら一気にご馳走様!
こちらS1セットアオサの赤だしとお漬物もついて1,500円(税込)です。
大サービス価格ですね。食べ終わってみて本当はヨット定食を食べて欲しいヨットさんの気持ちに納得してしまいました。
人気メニューが集合したお得なS1セット!!
皆さまも是非!!
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-3  磯料理ヨット
『本当はヨット定食を食べて欲しいんやけどセット!略してS1セット』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

No S-4  志摩地中海村 Cafe Amigo
『志摩産隼人芋パフェ』
2017年の流行語大賞にもノミネートされている「インスタ映え」というキーワード。そして志摩でインスタ映えする人気スポットといえば志摩地中海村!
午後から行きましたがスマホを自撮り棒に取り付けている女子やカップルでいっぱいでした。
当然カフェの客席も満席。
私のS1グランプリ制覇を締めくくるラストのお店で志摩産隼人芋パフェを注文しました。
手をいっぱいに広げて親指から小指の先までの高さのパフェ。
きんこ芋の原料になる隼人芋の「おさつどきっ」みたいな仕上がりの隼人芋チップスがてっぺんを飾り、バニラソフト↓スポンジケーキ↓桃とキウイ↓と楽しみます。背の高いグラスをスプーンで掘るように、やっとたどり着いたのは、あまーーーーい紫芋のペースト、そしてその甘い気分に刺激を与えてくれるかのような渋い伊勢茶のパンナコッタ。
いや〜もてあそばれてしまいました。
是非、お腹を空かせてから挑戦して下さいね。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-4  志摩地中海村 Cafe Amigo
『志摩産隼人芋パフェ』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

 

No S-5  海鮮&ダイニング トルバドール
『華かきフライと大海老フライ定食』
やっと入荷しました!華牡蠣が。
志摩ブランドに認定されている華牡蠣(はながき)はなんと認定番号第2号。アオサ海苔を養殖している英虞湾で田畑養殖場が大切に育てた品質と大きさを誇る牡蠣です。
トルバドールのオーナーさんは店舗入口にも「華がき」ののぼりをたててSIグランプリも12月10日までという終盤を迎えていることにも焦りを見せず、この華がきの美味しさを一人でも多くの人に味わってもらいたい!というお気持ちなのでしょう。
前置きはさておき、美味しいです!の一言につきます。
大粒の牡蠣フライに自家製タルタルソースとほんの少しのソースをチョン!とつける。そして一口では食べきれない大きさの牡蠣フライを半分に噛み分ける!
あ〜美味しい!待ったかいがありました。
エビフライもホクホクプリプリ。でかいんです!!
そしてなんて揚げ上手なのでしょう!!
お刺身の盛り合わせも味噌汁もご飯もサラダのドレッシングも美味しい!もうこれ以上の褒め言葉が見つかりません!
久しぶりにHappyな気分のランチタイムでした♬
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-5  海鮮&ダイニング トルバドール
『華かきフライと大海老フライ定食』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-6 イタリアンカフェ&バー しまてらす
『牡蠣とあおさのペペロンチーノ』
近鉄鵜方駅前 ファミリープラザ1Fの「しまてらす」がイタリアンカフェに変身して、以前の木のイメージが赤・白・緑のイタリアンカラーに劇的イメチェンしていました。
エントリーしている牡蠣とあおさのペペロンチーノは、とにかくあおさの量がたっぷり。上質なオリーブオイルと唐辛子とパンチの効いたスパイスが抜群の美味しさでした。
今年、アオサの入札価格が伊勢海老を上回ったという高価な食材だというのにふんだんに使ってあるので980円というお値段は良心的だと思いました。
メニューにはお洒落なお酒の名前がずらりと並んでいたのでとっても気になります! 禁酒して1年4か月。意志が打ち砕かれそうになる瞬間でもありました。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-6 イタリアンカフェ&バー しまてらす
『牡蠣とあおさのペペロンチーノ)』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-7 伊鈴屋 鵜方駅前店
『てこねチャーハン』
今年1月にオープンしたばかりの焼き貝・焼き串とお土産のお店。
大きな窓ガラスから見える風景は、駅前なのでバスやタクシー、旅館の送迎バスが行き交っています。
お店を知ってもらうためにエントリーしたという‘‘てこねチャーハン”は火を通したカツオが焼肉のようで、また酢飯を炒めると甘味が出ることを知りました。
米の1粒1粒がツヤツヤでパラパラです。
この甘さがチャーハンの上にかけられている刻み青紫蘇とガリと相性が良く、まぶすようにして頂きました。
なるほどーー。
ちなみに伊鈴屋さんでは焼き串のメニューがあり、私も別注でアコヤ貝柱の串焼き2本500円 注文しました。
他にもほたて串焼き、イカ串焼き、たこ串焼き、えび串焼き それぞれ2本500円
アルコールも2017年のSAKE COMPETITIONで1位に選ばれた 作 穂の智もグラス500円で味わうことができます。
バスも電車もタクシーも利用出来るので呑みたいひとには嬉しい立地条件ですね。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-7 伊鈴屋 鵜方駅前店
『てこねチャーハン』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/


No S-8 おとや
『S1丼』
創業明治41年。老舗の料理屋の暖簾を守り続ける店主は4代目。現在65歳。
S1丼と名付けられた丼はミョウガとのバランスが絶妙な酢飯の上に特製タレで漬け込まれたカツオとウニがたっぷり、もみ海苔、青紫蘇が散りばめられたどのお客様にも好まれる味付けの美味しい美味しい逸品です。
そして天ぷらがこれまた絶品。「ほんまの話なーー」が口ぐせのご主人に「天婦羅のメニューを増やして下さい。」とリクエストしたらかなりご謙遜されていましたが、このS1丼セットはご主人の料理人としてS1でスタンプを集めているひとに食べてもらいたい自慢のメニューです。
それが料理名と美味しさから伝わって来ました。
嘘がつけないほんまの話炸裂のご主人が作ったほんまに美味しいS1丼を是非ともご賞味下さい。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-8 おとや
『新志S1丼』
お店情報>>>http://s-1g.com/shop/shop-data/shop8.html
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

No S-9 巽 たつみ
『巽の焼きそば』
志摩S1グランプリのテーマである「志摩らしさ」と「インスタ映え」を意識して完成した『巽の焼きそば』は、海老、ホタテ、イカの3種盛りと半熟目玉焼きをのせた贅沢な焼きそばです。
半熟玉子を崩しながら食べる焼きそばはとってもまろやかでクリーミー!
海老なんて頭の先から尻尾まで丸ごと美味しく食べられます。
そこに合わさるイカの香ばしさ、ホタテの食感が庶民的な食べ物のはずの焼きそばを、金持ちが食べる焼きそばに変えてしまっています。
お店は一見老舗風なのに、焼いているのは30代のお兄さん。不思議なので聞いてみると元々は大阪出身のお母様が「志摩で美味しい大阪のお好み焼き屋さんをしたい!」と大阪で3年修行してからこちらでお店を始めたそうです。
現在は息子さんが跡を継ぎ、大阪から取り寄せているソース2種類を混ぜてお好み焼きと焼きそばを作っていらっしゃいます。
学生時代のお弁当は毎日お母様の試作品であるお好み焼きだったとか。。お母さんの味で育った息子さんがお母さんの暖簾を守りながら完成させた巽の焼きそば。志摩にいながらにして本場大阪の味を是非ご賞味ください。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-9 巽 たつみ
『巽の焼きそば』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-10 居酒屋 大島
『伊勢志摩パールポークのスモーク豚カツ』
鵜方の大島さんといえばお寿司屋さんだと思っている人が多いのではないでしょうか??でも今はお寿司をやめられて居酒屋として、きっと「大島に来てこそ食べられるメニュー」にこだわってお料理を提供されているんだと思います! 1品1品食べていくうちにそう思いました。
まずS1メニューのパールポークのスモーク豚カツですが、食べてびっくり! 感動です! ネギと大根おろしをポン酢に混ぜて、豚カツ全体に豪快にぶっかける!
スモークされたカツの香ばしい美味しさ! 何度「美味しい! 」と言ってしまったことやら。
他にもメニュー表をみると、チーズ・枝豆・鶏のスモーク盛り合わせとか食べてみたくなるお料理が沢山あって、いろいろ注文しましたが全て美味しかったです。
ご主人や女性スタッフさんの愛想もよく、今まで勝手に感じていた敷居の高さが一気に崩れ落ちました。
是非、また行きたいです!
スモーク 万歳!!
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-10 居酒屋 大島
『伊勢志摩パールポークのスモーク豚カツ』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-11 旬菜デリカ バナナリーフ
『志摩の香り パールポークのわっぱめし』
わっぱめしって何だろう??調べてみると
郷土料理を、杉や桧などの薄い板で作った円筒形の箱に入れて蒸したお弁当のことなんですね。そして日本全国に有名なわっぱ飯が存在しているのですね。
S1まわっているといろいろ勉強になります!
バナナリーフさんのわっぱ飯はひじきたっぷりご飯が隠れるほどのパールポークの焼肉(真珠貝の粉末を混ぜたエサで育った)とアオサなどの海藻がデーーンとのっかっています。
この素材だけでも十分おいしいのに、透明の容器に入った味噌ダレがニクいほど美味しいのです。
私、このタレだけで白いご飯3杯はイケますよ@@
当然、ひじきご飯にも焼肉にも海藻にも合うわけです!!
私は焼肉にレモンを絞り、海藻はご飯と混ぜ、上からタレをバーーっとかけていただきました。
子供たちも残さず完食してくれました。
バナナリーフはイオン阿児店1階です。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-11 旬菜デリカ バナナリーフ
志摩の香り パールポークのわっぱめし
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNO. S-12『イワジン風 ブイヤベースランチ(ドリンク付き)』1,350円(税込)
木製のまあるいプレートに彩りよく盛りつけられているのは、オレンジ色のお鍋が可愛いメインのブイヤーベースのスープと、ラタトゥーユ、カツオとアボガドの和え物、マッシュポテト、サラダ、かぼちゃのムース、バゲット。
このブイヤベースのスープが具沢山で美味しいこと!
なんでもブイヤベースは、南フランスの郷土料理なんだそうです!さすがモナコで修行しただけあって世界の料理を知ってらっしゃるな〜。それをイワジン風にするために志摩の食材をチョイス。。えーーっと、ヒオウギ貝に海老、白身魚、ブロッコリー、ナス、ニンジン、じゃがいも、玉ねぎ、アスパラ、トマトが煮込んであり、お鍋のせいかいつまでも冷めないあったかスープでした。
※具材は日によって気まぐれに変わるそうです。
食べ方はお好みで。
私は、バゲットをスープに浸してその上にラタトゥーユやマグロとアボガドの和え物をトッピングして頂く。
次に具沢山のブイヤベーススープを頂く。
オムレツ、かぼちゃのムース、サラダを食べて
またバゲットをスープに浸しマッシュポテトをトッピングしたりを繰り返す。
そして終盤になっらスープにラタトゥーユを入れてミネストローネ風に
はたまたマッシュポテトを入れて食感を変えてまろやかに。
そして最後に可愛いお鍋を両手で持って、残ったスープを一気に飲み干す。
御馳走様です!
南フランス&志摩のコラボレーション!!
シェフに秘密兵器を出されてしまった。そんな気持ちになるお料理でした。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-12 イワジン真珠 喫茶室
イワジン風 ブイヤベースランチ(ドリンク付き)
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

No S-13 幸寿司
『新志摩名物 てこね巻き』
幸寿司のてこね寿司といえば、ご主人が都会の人に知ってもらいたくて30年前に東京や大阪の百貨店の物産展で販売していて、その時にこのてこね巻きも出していたそうなんです。
秘伝のタレで漬け込んだカツオのヅケと紫蘇と胡麻の相性と酢飯と焼き海苔全ての美味しさが1本にまとまっています。
このてこね巻きを1個食べたら、ここにいない家族にお土産に持ち帰りたくなるほどの美味しさです。
割り箸でてこね巻きを口に入れた瞬間からもう美味しいんです。噛むとさらに美味しさが止まらず、お箸なんて使ってられません。
是非とも手づかみでほっぺたパンパンに膨らましてお召し上がり下さい。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-13 幸寿司
『新志摩名物 てこね巻き』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-14 焼肉 大黒
『熟成和牛カルビ丼』
花金の夜、子供たちを連れて焼肉店 大黒さんへ行ってきました。
子「かーちゃん、うまい😋
母「だって熟成和牛カルビやもん😊
子「米もうまい⭐️
母「だって磯部の米やもん。」
冊子片手に知ったかぶる母ちゃんなのでした。
お支払いの時にイケメンスタッフさんにお肉を熟成させていらしゃるって???と聞いてみました。
魚を何日か寝かせると美味しいのと同じで、お肉も熟成させることで柔らかくなるのでそこにこだわっているそうです。
町おこしのためのイベントなので何とかこのお値段で提供して下さっているそうです!
是非この機会に熟成された焼き肉を味わってみて下さい。
★耳より情報★
冬季はしゃぶしゃぶの食べ放題がメニューにありましたよ。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-14 焼肉 大黒
『熟成和牛カルビ丼』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-15 フィオーレ志摩
『伊勢志摩ロイヤルポークのスペアリブ』
初めにビーツ(赤いカブのような野菜)のソースのジャガイモスープと自家製人参ドレッシングのサラダをいただきます。
メインのスペアリブは冊子の説明に「オレンジ風味の自家製ソース」とあり、伊勢志摩ロイヤルポークを使用。じっくりと煮込んであることがよくわかるほど口の中でとろけるほどの美味しさでした。
食べ終わったあとナイフとフォークを置いたら、客席を通りかかったスタッフさんが「ぜひ、骨の周りの肉をかぶりついてください。私、そこが一番好きなんです。」と教えて下さり、おかげで元の形が嘘のように小さな骨だけが残り、一番美味しいところを食べて得した気分になりました。これはスペアリブならでは!ですね。
食後のコーヒーは独特の香ばしさが味わえるブラックがおすすめです。
ハロウィンムードの玄関が可愛い志摩フィオーレでした。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-15 フィオーレ志摩
『伊勢志摩ロイヤルポークのスペアリブ』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-16 Dining Café Faro
『ファロ丼』
注文を受けてから魚をさばくようで、魚を揚げる音が聞こえてくるまで少々の時間がありました。そのおかげか白身魚のしっかりとした弾力、また衣にも隠し味がしてあるのか水分も抜けたサクサクのとても美味しい魚フライでした。
魚がすこし苦手な次女が「え??これ魚??」と聞くほどです。
真ん中の半熟たまごがトローーリ絡まって青紫蘇・刻みのり・紅生姜が名脇役となり、さらに揚げたニンニクチップが入っているというだけで、風味が激変です。
前回のS1のメニューだった「ファロバーガー」もおすすめです。
安乗産の魚をお洒落に美味しく提供しているお店『Dining Café Faro』は安乗埼灯台の見える安乗灯台公園にあります。
※台風接近のため25日からの営業だそうです。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-16 Dining Café Faro
『ファロ丼』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-17 きんこ芋工房 上田商店
『大人の贅沢芋蜜ソフト』
製菓衛生士の資格を取得してケーキ店に就職し、そのパテシエとしての経験を活かしてきんこ芋を使用したスイーツのヒット商品を次から次へと生み出している上田商店の芋娘こと橘 麻衣さん。
このソフトクリームにトッピングされているのは、ベルギー産ビターチョコレートをコーティングした『きんこ芋ちょこれーと』や米油で揚げた『きんこ芋ちっぷす』さらにその上から隼人芋を煮詰めた『芋蜜しろっぷ』がとろ~り。これがたまらない蜜の味なんですよね。
これがなんとワンコインでお釣りがもらえてしまうのです。
上田商店の焼き印が可愛いおせんべいがとってもプレミアム。
そしてコーティングもビター・ホワイト・ミルクとランダムに変わっていくそうですよ。
寒い冬こそ食べたい贅沢スイーツ。
志摩S1限定商品なので是非この機会に安乗へ。。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-17 きんこ芋工房 上田商店
『大人の贅沢芋蜜ソフト』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

No S-18 華夕閣 はなゆうかく
『料理長特製海鮮ソースの志摩水軍焼き』
ご覧下さい。小ぶりだけど伊勢海老3匹1,500円。
そこに鯛の塩焼きとサザエ2個にご飯とお味噌汁がサービスです。
ここは国府の海が見える旅館の1室です。
S1のためにお部屋貸し切りで提供して下さっています。
今回はリニューアルオープンした華夕閣を知って欲しくて参戦。伊勢海老が安く入荷する間はs1が終わってもこのお値段で提供して下さるそうです。但し時価により1匹になる場合もあるとのことです。
若女将はとっても若く愛嬌満点。
漁師さんの家でお昼をご馳走になってる!そんな気分でした。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-18 華夕閣 はなゆうかく
『料理長特製海鮮ソースの志摩水軍焼き』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-19 Ponchi’sPizza ポンチーズピザ
『太陽のメグミ』
サーフィンのメッカ 国府海岸の近くに石窯ピザのお店があります。昨年オープンした当初はあっという間に口コミで広がった「美味しい!」と評判のお店です。
ナビで行くか、偶然看板でも見つけないかぎりわからないような場所にあり、まるで秘密基地のようなところです。
見つけた時のワクワク感! そしてお店の雰囲気が手作り感満載で、思わず童心に返ってしまうほどです。
手を抜かないお店作り。こんな手のこんだお洒落なお店を作ってしまうんですもん。ピザも美味しいはずです!
ウェルカムドリンクは、敷地内の畑で育てたバジルが沢山入ったお水をセルフで自由にいただけます。
志摩をイメージした太陽の形の生地のモチモチ感と香ばしさが、石窯で焼くからこその美味しさで、また前回行ったときに人気メニューをお聞きして買ったのがマルゲリータだったので、子供たちに食べさせたくてお土産に買って帰りました。
ピザの端っこの膨らんだミミの中身は・・・お楽しみに♬
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
エントリーNo S-19 Ponchi’sPizza ポンチーズピザ
『太陽のメグミ』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-20 ビストロカフェ 綱 (つな)
『漁師風スパゲティ(ペスカトーレ)』
今日は海沿いのカフェ・綱さんへやってきました。お店に入ると珈琲の香りが漂い、広いカウンター前のお座敷に座ったけれど、後ろを振り返ると海の見える窓があったのでそちらの席へ移りました。
まずサラダかミネストローネを選ぶことが出来ます。スパゲティは具沢山のベビーホタテ・アサリ・タコ・エビ・イカ 5種類それぞれの味と食感を楽しみながら。。
冊子のお店からのコメントに「志摩の美味しい魚介類をたくさんの人に食べてもらいたいと思っています。」とありますが本当に志摩の美味しい魚介類をたくさんいただきました。
食後のお飲物はコーヒーを選ぶとさらに浅煎りか深煎りかを選ぶことが出来ます。
これらが3セットで900円とは驚きのお得価格ですね。
ちなみに、お店は昨年8月にオープン。店名の「綱」は絆の意味合いもあり、偶然の出会いでオーナーになることになったそうなので、エピソードをお聞きしていると、人と人とがつながっていく不思議さを感じたのでありました。
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
No S-20 ビストロカフェ綱
『漁師風スパゲティ(ペスカトーレ)』
/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/
この記事のライター紹介
伊勢乃志摩子
WEBデザイナー&カメラマン&ブロガー&ユーチューバー
住まい:三重県志摩市横山展望台から見える伊勢志摩国立公園の中
高校時代からの趣味は写真📷ウェブサイト制作歴 22年

profile
2000年 ウェブサイト制作事業スタート
2016年  S・O・L・A・R・I・S始動 
コマーシャルフォト・ポートレイト撮影
アルバム、フォトブック、パンフレット、名刺など印刷物制作、動画制作、SNS指導もやってます。
気まぐれに地域情報を投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。お仕事のご依頼も大歓迎です!!
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 第1回 伊勢志摩 凧揚げ大会(志摩市阿児町 国府白浜海岸)
  2. 松阪ケーブルテレビさんがSTAND FISH「身長136cmのサ…
  3. とばーがーフェスティバルで、とばーがー完売 
  4. ええじゃんかまつり : 志摩市阿児町
  5. 志摩いそぶえ会の皆さん主催「いっしょに食べよう。志摩」のお知らせ…
  6. いっしょにあそぼう 「SAND ART& キス多く釣り…
  7. ほぉーーーーーっとする景色
  8. 宿田曽海まつり(宿浦・田曽浦)
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ

PAGE TOP