日本神話と御朱印めぐり

倭姫宮(やまとひめのみや)神社参拝と御朱印めぐり・・・そして感動の国史絵画に出逢う。

第十一代垂仁天皇の皇女である倭姫命は、約二千年前に伊勢の五十鈴川のほとりに皇大神宮をご創建されました。

神嘗祭など神宮のお祭りと経営の規模を確立、神殿ほか御料地などお御定めになりました。

倭姫宮
三重県伊勢市楠部町5


Wikipedia|倭姫宮 https://bit.ly/3eeG47b

伊勢神宮公式|倭姫宮 https://www.isejingu.or.jp/about/naiku/yamatohime.html


<日記>


神社参拝をして御朱印とパンフレットをいただいてからパンフレットを読むと、インターネットには出ていない情報も書かれていて、倭姫命ご巡行の伝承地もわかりやすく掲載されています。

倭姫は立ち寄った各地で米作りを伝えたともいわれているそうです。

天照大御神の御霊を祭るための長旅のなか立ち寄った遷宮地は「元伊勢」と呼ばれ神社として倭姫命ご巡行の歴史を今も伝えているとのこと。

そんな倭姫命をお祭りするお宮がなかったため大正十年に皇大神宮の別宮として創立が決まり大正十二年十一月五日に御鎮座祭が執り行われたという。

私は、車に乗り、外宮方面に向かったのですが、なぜか車を駐車していた場所のまん前にある神宮徴古館に戻らないといけない気がしてきてUターンして戻りました。

神宮徴古館は、以前、子供にまだ手がかかる頃に行ったのでじっくり見学できず記憶も薄らいでいたのですが、今回は式年遷宮後ともあってか展示されている内容に変化がありました。

国宝といえる展示物の数々。

神宮の歴史・・・まさに私が今夢中になっている古事記伝の内容にまで遡ります。

 

1枚1枚の絵に知って欲しい日本の歴史と伝えたい想いがそこに託されていました。

倭姫宮を創建することに尽力された方々の写真や記事も掲載されていますので、是非是非、神宮徴古館へ行っていただければ・・・。

神宮徴古館
所在地: 〒516-0016 三重県伊勢市神田久志本町1754−1
電話: 0596-22-1700
ウエブサイト
http://museum.isejingu.or.jp/museum/

↑ 「絵で見る日本の歴史」は神宮徴古館で見ることができますが、購入もできます。

表紙の国史絵画は神宮徴古館にもガラスケースに圧巻の大きなサイズで展示されています。

 

天の岩戸に隠れた天照大神・・・古事記で有名なシーンですが、昭和八年に皇太子殿下誕生の記念して制作されたもので、東京都美術館の地下収蔵庫に眠っていた絵画を神宮に献納され今日に至るまでのそのエピソードが記載されています。

 

また5ページには倭姫命も描かれています。

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 皇大神宮別宮  瀧原宮の御朱印(三重県度会郡大紀町滝原)
  2. 令和元年から御朱印を集めます!(伊勢神宮 内宮)
  3. 古事記で夫婦になった神様が祀られている猿田彦神社と佐瑠女(さるめ…
  4. 伊雑宮(いざわのみや)神社参拝と御朱印めぐり・・・そして倭姫命(…
  5. 現在、伊勢神宮も別宮も御朱印の対応は休止中です。参拝は午前六時か…
  6. 天岩戸神話で大活躍した神々が祀られる佐那神社 (多気町仁田)
  7. 伊勢志摩・御朱印めぐり(伊勢神宮 外宮)
  8. 月讀宮(つきよみのみや)の御朱印

お散歩日記

  1. 賢島を周るには1日では足りない???
  2. 浜島 大矢浜海岸
  3. 志摩町の海をドライブ♬
  4. 国崎をぐるり観光
  5. 御座の石仏地蔵尊
  6. 南伊勢町・贄浦(にえうら)
  7. 相差
  8. 電車で志摩マリンランド
  9. 産屋坂(志摩市大王町波切)
  10. 8月3日(日)のおかげ横丁とおはらい町

新着記事

PAGE TOP