管理人ブログ

枚岡神社の神津嶽本宮(東大阪市出雲井町)

神話を巡る神社参拝を始めて、次に行きたいと思ったのが、自分の生まれ育った東大阪市にある神社です。
自分が知っている神社といえば「枚岡神社」と「石切神社」と「宇波神社」です。
御祭神を調べてみたら枚岡神社は、天児屋命(あめのこやねのみこと)が祀られている。アメノコヤネは天の岩戸神話で祝詞を奏上し注連縄を張るという祭祀を行った神様でニニギノミコトと共に天孫降臨をしている。

そしてその末裔が中臣鎌足(藤原氏)

河内国一之宮である枚岡神社の創祀は、初代天皇の神武天皇が大和の地で即位される3年前と伝わっている。

調べれば調べるほど行きたくなる・・・ということで行って参りました。

一の鳥居、二の鳥居をくぐったその先の剣の石碑とみたことのない珍しい結え方をし注連縄がかけられた門。

手水所の鹿が咥えている竹筒から湧き出る水で清める。

鹿は神の使いであり、神聖さが穢されないよう、山道には石製の神鹿が左右に分かれて迎えてくれています。
灯籠にも神鹿の台にも藤原氏の家紋が刻まれていました。

御本殿
向かって右から

第二殿  比売御神(ひめみかみ)・・・天児屋命(あめのこやねのみこと)の妻
第一殿  天児屋命(あめのこやねのみこと)・・・主祭神
第三殿  経津主命(ふつぬしのみこと)・・・武甕槌命とともに神武東征を果たした
第四殿  武甕槌命(たけみかづちのみこと)・・・熊野で神日本磐余彦尊(のちの神武天皇)を助ける

神津嶽本宮までの道のりは険しく、途中で挫折しかけましたが、やっとの思いでここまで辿り着き、神聖な神域に入っていきました。

藤原氏の下がり藤がしっかりと刻まれた石の社殿は平成5年に築かれたとのこと。

あべのハルカスや明石海峡も見えます!

頑張って登って良かった。

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 古事記に夢中!お薦めの本とお気に入り動画
  2. 橿原神宮 日本の第一代天皇 神武天皇即位  紀元二千六百八十二年…
  3. 椿大神社・椿岸神社 (三重県鈴鹿市)
  4. 八咫烏神社と大神神社 (奈良県)
  5. 八尺鏡野の地名は皇室の三種神器の「八咫鏡」に由来 (和歌山県東牟…
  6. 饒速日尊(にぎはやひのみこと)の神話でのエピソード(東大阪市・石…
  7. 子供の頃住んでいた地域の氏神様 宇波神社(東大阪市加納 )
  8. 神話巡りの旅は、ついに出雲の国へ・・・
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PAGE TOP