伊勢志摩の観光

伊勢・おはらい町とおかげ横丁

 
無事、参拝が終わって、友達が「たこ棒食べたい」と言い、
神宮すぐ近くのおはらい町通りへ向かいました。

ちょうど喉も渇いてきたところでしたので
お茶やさんで、お茶を頂きました。

店員さんとお客様の会話
お客様 「すごい人ですねー」
店員さん 「いえいえ、今日は少ないほうなんです。」
お客様 「えーー。これで??」
店員さん 「はいー。昨日は観光バス200台で、うちのお客様も、あちらのくみひもやさんまで並ばれていましたから・・・」
・・・・だそうです。またまた小耳に挟んでしまいました。
おはらい町の町並みを撮ってみました。


建物が統一されていて、タイムスリップした気分になれます。
日本の伝統建築の素晴らしさとか、時代を経て受け継がれてきた老舗の歴史・・
てこね寿司に伊勢うどん、干物やさんに、豆腐やさん・・・
多くの人に愛されてこそ!!・・・ですよね。

わたし、こちら二光堂さんのステーキ丼が好きです。

手前、ひげ天さんの隣は、私、1人で起業して初めてのお客様 虎屋ういろ
季節ういろはモチモチと懐かしい味。創業大正12年からずっと続いた伊勢名物。

皆さん、お神酒を飲んでいらっしゃいます。
あの中に入っていくと、浮くだろうな・・男性ばかりですもん^^;
入っていきたいなー・・・うずうず・・・後ろ髪引かれる・・・

ひもの塾では、気前良く、焼きたて干物を食べさせて下さいます。
「ここで食べてよ~。食べ歩きしないでよ~」と気も使われながら。
そして、友達が食べたくてたまらないという まる天さんで


海鮮かき揚げ天 330円
れんこん、貝柱、イカ、きくらげ、にんじん、玉ねぎを使い、
かきあげ風に仕上げた磯揚げまる天の新食感の天ぷらです。
今度行ったときにはたくさん買って帰ろうー。

子供の頃、「伊勢の名物 赤福もちはえじゃないか~」のCMを
大阪で見ていた私です。
志摩男くんは1箱くらい、ペロリと平らげるので当然お土産にお持ち帰り~。

ここより おかげ横丁です。

ちょうど、神恩太鼓の披露を見ることが出来ました。

ここに来たからには、当然 冬季限定の赤福ぜんざいを食べました。
「季節限定」に弱い私です。

あずきが嫌いな友達が、「甘すぎへんし、さっぱりしてて美味しい。
これなら食べられる」と言っていました。
温まりますし、無心に食べてしまいました。
美味しすぎて喉に詰まらせないように、あわてずゆっくりお召し上がりくださいませ~。
引き続き・・月讀宮(つきよみのみや)の記事は、後ほど。

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 創造の森・横山のしょうぶ園
  2. 3月11日(金)のおはらい町から食べ歩きphoto
  3. 御座白浜海水浴場
  4. おかげ横丁や、おはらい町で食べたものや、買ってきたもので、何が好…
  5. 赤福ぜんざいと黒蜜団子と紅葉??
  6. 陽光桜 (志摩市阿児町鵜方)
  7. 宮リバー度会パーク に健康器具のコーナーが出来ていました。(度会…
  8. 金剛證寺の連間の池と連珠橋 (伊勢市 朝熊岳金剛證寺)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PAGE TOP