伊勢志摩の観光

伊勢河崎商人館のボランティアで活動するおじいさんガイドさん

 日曜日は、伊勢志摩スカイラインを走行し、伊勢市の河崎にある伊勢河崎商人館へ行きました。
三重県の方は大抵ご存知だと思いますが、
河崎は、16世紀頃から、伊勢神宮門前町へ物資を運ぶため、
船で勢田川を利用する川の港だったそうです。
江戸時代の大きな問屋街で、伊勢の台所・・・というわけなんですね。。
それを聞くだけで、もう河崎の街並みの歴史を深く知りたくなる私です。
勢田川沿いに古い蔵や商家が建ち並んでいます。
<河崎商人蔵・1>

建物のサイドからカフェに入る入り口があります。
          ↓

商人蔵カフェの今日のお菓子は、
・木苺とホワイトチョコのタルト
・柚子ロール(クリームチーズ風味)
・栗タルト
<商人蔵2と3>

3つの蔵の中には、アンティーク小物や手作り品・・・
きっとここに来ないと買えそうにないシロモノばかり☆
——————————————————————

ここに来たからには、もうメインとも言える”伊勢河崎商人館“に入るべし。

古い懐かしい、歯医者さんのドアもこんなだったなーと思いながら
ぎこちない手つきで、ドア開けて中に入ると
女性スタッフが、「ようこそ」とばかりに「こちらは初めてですか?
どこからおいでくださったのですか?」と2歳長男をもあやしながら
暖かい暖房入りのベンチに座らせていただいて
河崎の歴史をわかりやすく説明して下さいました。

「江戸時代に創業された、酒問屋「小川酒店」を伊勢市が修復して、
伊勢河崎の問屋のシンボルとして残した施設です。
管理運営は、NPO法人伊勢河崎まちづくり衆が行っています。
伊勢河崎まちづくりの拠点であり、地域の人々の集いの場所でもあります。
「旧小川酒店」は江戸中期(約300年前)に創業の老舗の問屋であり、
平成11年(1999年)まで営業していました。
伊勢河崎商人館は、河崎問屋街の往時の風情を残す貴重な建造物です。
蔵7棟、町家2棟など、約600坪の敷地を持つ河崎を代表する商家です。
(見学時間は、ゆったり見て頂いて約30分程度)」
 パンフレットより抜粋。
——————————————————————————
この時点で、お客様は、関東から来られたご夫婦と、私たちだけだったのですが
あれよあれよという間に、ツアー客だったのでしょうか。会場は人だかりで満員御礼~。
ボランティアのおじいちゃんガイドさんが3名で バッチリ対応していらっしゃいました。


やわらか~い温厚でおだやかーーな伊勢弁で
ゆ~っくり語って下さいますので、私も皆さんも
フムフムと、うなずきながら 河崎の古い建物と道具と歴史を楽しみました。


私からの紹介はここまで。
あとはぜひ、実際に伊勢河崎商人館へ・・・河崎のだいとこ(台所)へ
タイムスリップしてガイドさんとのひとときをお楽しみ下さいませ~。
伊勢河崎商人館ホームページはこちら
http://www.e-net.or.jp/user/machisyu/snkan_index.htm



———————————-
おすすめリンク よっしーさんの
大人の時間(旅と温泉と写真と女)





—————————————————————–
そして、
————————————————————————
~☆ 伊勢乃志摩子!! 今日の幸せ一番 ☆~
「復刻した エスサイダーを飲んで、子供の頃 銭湯で飲んだ
 ビー玉入りラムネの味を想い出したこと。」
————————————————————————-

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 産屋坂(志摩市大王町波切)
  2. 布施田 広の浜(ふせだ ひろのはま)
  3. まるで観光ポスターみたいな海!!  御座白浜海水浴場へ行ってきま…
  4. 伊勢市 横輪町の弘化山桂林寺(こうかざんけいりんじ)
  5. 合歓の郷の梅園岬
  6. 安乗埼灯台 (志摩市 阿児町安乗)
  7. 蓮(ハス)の花が見頃です! 6月29日(土)二見しょうぶロマンの…
  8. お湯のいらない足湯は鳥羽一番街

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PAGE TOP