飲食店

創業75年!!鰻の旨みがたっぷりと浸み込んだ『しまや』のうなぎのタレは『しまやの宝』、長年継ぎ足し継ぎ足ししているからこその味。(志摩市大王町波切)

6a21b148-ebd3-46d9-984c-ec65319b7472

一度食べたら、忘れられない志摩市大王町波切 『しまや』のうなぎご飯(1人前1100円 肝吸・漬物付き)

こちら「しまや」さんは、70年ほど前は大王町の船越でお父様の代で鰻やさんをしていたそうです。

波切の漁師さんたちが海が荒れて漁に出れないときは、内海になっている船越まで船を移動させていたそうですが、その時に食べるしまやさんの鰻料理は波切の漁師さんたちの間で美味しいと評判で、「あんたとこは波切で商売しやないかん。」と言われたそうです。

そんな波切の漁師さんたちの期待に応えて、以前は銭湯だったこの場所を買って改築し、45年前に移転されたそうです。

しまやの鰻の美味しさの秘訣は、

5047

鹿児島県産の鰻を仕入れて、専用のくしを何本も刺し、

5150

先代の残してくれた秘伝のタレを継ぎ足し継ぎ足し守り続けているタレに漬け込み

5144

こうして焼くことを3度繰り返します。

5254

そうすることにより、外はカリッ・中はフワッ、噛めば噛むほどホクホクとした美味しさが口の中いっぱいに広がります。
鰻丼 (特上 2,600円 上 2,200円 中1,800円)

5434

「このタレはしまやの宝です!」と仰る女将の富美子さん。

亡きお父様の跡を継いで一緒に頑張ってきてくれたご主人は、17年前に他界してしまいましたが、誰からも好かれていたご主人の話をすると「本当にええ人やった。」と目にいっぱい涙があふれだす・・・。ご主人が亡くなった後は、点滴を受けなければならないほどの入院をして気を落とされましたが、お客様がしまやの味を求めて下さるおかげで、亡きお父様やご主人の分も頑張ろうと思い現在に至っておられます。

5461

皆様のおかげで創業75年。

しまやのファンがいる限り、これからも銭湯のおもかげを残した厨房で、美人3姉妹で協力し合って、先代の暖簾を守り続けていかれることでしょう。

しまやホームページ>>>http://isesima.info/shimaya/
住所 三重県志摩市大王町波切234番地
TEL 0599-72-0331
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 新鮮なお魚料理が食べられて美味しいお酒が飲めるお店・志摩の喰い処…
  2. 「天ぷら とばり」さんで、噂のコース料理を堪能してきました。
  3. おこげがたまらない♬ 3度美味しい石焼ひつまぶしのご紹介
  4. 一度食べたら忘れられない『しまや』のうなぎご飯のテイクアウト 
  5. 逆転の発想で!!料理のためのドレッシングではなく、ドレッシングの…
  6. もともとはふぐ料理と寿司のお店だった大島さん。
  7. 大人の隠れ家「浮島」
  8. 創業48年 伊勢芋料理のお店「柑里」 多気町産の伊勢いもを使った…

お散歩日記

  1. 賢島を周るには1日では足りない???
  2. 浜島 大矢浜海岸
  3. 志摩町の海をドライブ♬
  4. 国崎をぐるり観光
  5. 御座の石仏地蔵尊
  6. 南伊勢町・贄浦(にえうら)
  7. 相差
  8. 電車で志摩マリンランド
  9. 産屋坂(志摩市大王町波切)
  10. 8月3日(日)のおかげ横丁とおはらい町

新着記事

PAGE TOP