「人」

野鳥写真家 森口道夫さん

野鳥写真家 森口道夫さん(61)

鳥を撮るきっかけとなったのは、40年前に鳥のさえずりを録音することが趣味で、それから写真を撮るようになったそうです。

伊勢志摩は自然豊かで、年間に約200種類もの野鳥を観察することが出来、まさに野鳥の楽園。
特に磯部町は森口さんの一番好きなフィールドだそう。

「野鳥は環境の変化に非常に敏感です。枝を1本切っただけで、今までいた鳥が全く寄り付かなくなったりします。」

鳥の声を聞いただけで鳥の種類がわかってしまう森口さん。

そんな森口さんが撮影された野鳥の写真は、県立志摩市病院や済生会明和病院なでしこ(多気郡明和町)にて、季節ごとに入れ替え常時展示していらっしゃいます。、

※写真集 「野鳥の楽園 1,300円(B5サイズ フルカラー80項)は志摩観光ホテルの売店にて販売中です。

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「アコヤ貝から取りだした真珠で世界でたった1つのアクセサリーを作…
  2. 五ヶ所みかんをつくりはじめて100年
  3. 片手で食べられるプチ干物を考案 (南伊勢町田曽浦)
  4. 育てる漁業!! 南伊勢町迫間浦「タイの里」で鯛を育てる大下水産
  5. 岡山自動車鈑金塗装代表 岡山泰彦さん(運輸大臣認定車体整備士)
  6. 的矢湾で牡蠣の養殖をする松村行徳さん
  7. 魚屋としての長年の目利きで
  8. 天然あのりふぐの美味しさ
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP