伊勢志摩の祭り

2016年 潮かけ祭り (志摩町和具)

 

潮かけ祭り、正式には「和具の大島祭」は780年以上も続く奇祭です。

DSCN8523

文献では承久3年、海の安全を守る市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)という女の神様が年に一度、旧暦の6月1日に、祀られている和具の八雲神社から、2kmほど離れた無人島の大島にある祠に里帰りするということから行われるものだそうです。

まんどう船(満胴船)は船の胴の間(船中部の漁獲物を入れる場所)に
漁獲物が満載できる」という意味からだそうで、和具で一番新しい船が選ばれるそうです。
ちなみにこの大島祭・・・古くは神様の祭りという意味で「じんじん(神々)」とも呼ばれていたそうです。

DSCN8527

大島に上陸すると、漁師や海女さんがその朝に獲った鮑や鰹など新鮮な海の幸を奉納し、1年の海上安全と豊漁を祈願します。

DSCN8535

厳粛に神事が執り行われたあと、参列されている方たちにお神酒や鮑、サザエやカツオなどの海産物とお神酒などがふるまわれます。

そしていよいよ大島を離れお互いに「けがれを祓い浄める」という意味での海水の掛け合いが始まります。

DSCN8546

 

DSCN8548

 

DSCN8554

 

DSCN8555

 

DSCN8563和具漁港に到着しても待っている人達とかけあい。水鉄砲で真顔で攻撃してくる男の子が可愛かった~。

いつまでも終わりそうに潮かけ祭りなのでした。

タイムスケジュールは志摩市のホームページに掲載されています。>>>

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 宇賀多神社の獅子舞(志摩市阿児町鵜方)
  2. 斎王まつり (多気郡明和町)
  3. ①潮かけ祭り 2012 (大島祭り)/ 志摩町 和具漁港
  4. 平成26年の潮かけ祭り 和具漁港でも潮かけで盛り上がり (志摩町…
  5. 鳥羽・相差の鯨まつり 町内パレード (2014年7月14日)
  6. ③潮かけ祭り 海に飛びこむ / 志摩町 和具
  7. 鼻かけえびす初笑い神事:志摩市浜島町 恵比寿神社
  8. 大王町船越の火まつり・トトツリアイ
PAGE TOP