地域のニュース

志摩s-1ぐらんぷりのスタンプラリー 16店舗制覇しました。

『志摩s-1ぐらんぷり』http://www.s-1g.com/

16店舗を制覇し、私なりの感想をまとめてみました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

S1-レストラン道の「かちどねば汁」(2月2日訪問)


S1-レストラン道の「かちどねば汁」は、ヒオウギ貝2個と小エビ&あおさの天ぷらにアカモク、めがぶが入って400円(税込)ですけど同時に海鮮丼も注文したので300円にして下さいました。
流通しているヒオウギ貝の値段を考えるとこれは絶対にお得!
しかも具材それぞれの旨みが存分に美味しさとなって引き出されていました。


レストラン道の「かちどねば汁」
詳細ページはこちら>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop7.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S2  磯料理ヨットさんのパールチャーハンとアオサの赤だし(2月6日訪問)

スプーンでチャーハンを食べても食べても中から惜しみなく出てくるアコヤ貝の貝柱。

アコヤ貝とは真珠貝のことで、真珠を取り出すために貝剝きをしているときに取り出す貝柱でこの時期だけの、しかも市場に流通しにくい希少価値のある食材です。

歯ごたえと弾力が独特で酢味噌で食べられることが多いですが、こちら浜島のヨットさんでは「パールチャーハン」として提供しておられます。

また今年のあおさ海苔は昨年の倍以上の高値で取引されたそうですが、そのあおさの味噌汁をセットで1300円なんです。

とても贅沢なパールチャーハンとあおさの味噌汁。大変美味しく頂きました。

磯料理ヨット
パールチャーハンとアオサの赤だし
http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop11.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S3  磯舟 (いそぶね)の特製アッパ釜めし(2月10日訪問)


昭和45年創業の磯舟さんは志摩市浜島町の大矢浜海浜公園すぐ近くにあります。この特製アッパ釜めしは、お酒を飲んでいるお客様がお好きなタイミングでご飯を食べて頂けるようにと思いついたメニューだそうで、一人鍋ならぬ一人釜飯です。

25分の固形燃料の火が消えたら3分ほどおいてから蓋を開けて蒸らし

茶碗に盛っていただく、まるごとアッパ貝・刻まれたニンジン・ごぼう天・ひじきが彩り良く。
釜で炊いたご飯って一味違いますよね。

こちら志摩産のもずく酢、アオサのお味噌汁付きで1,100円

お昼は予約制ですが、やっぱりご主人の思いついたメニューだけあって、夜、飲みながらお好きなタイミングで釜飯の火をつけるのがおすすめです。

(ご主人も写っています。)

No S3  磯舟 (いそぶね)の特製アッパ釜めし

http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop12.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S4 志摩料理・千秋丸 (せんしゅうまる)の特製!漁師丼~味噌汁・サラダ付き~(2月7日訪問)

R260 志摩町の黄色い長田橋から丸山橋の手前を右折して千秋丸へ。

今日もお一人様の私はなるべくお店が混雑しない時間を見計らって出かける。まだお客様はいらっしゃらなかったのですが、女将さんに「カウンター席に座りましょうか?」と尋ねると「大丈夫ですよ。」と4名様用のお座敷に座らせて下さった。

そして千秋丸特製の漁師丼(味噌汁・サラダ付き)1,600円(税込)を注文。

白いごはんの入った丼には志摩で獲れた新鮮な魚をぐるり1周盛り付けられ中央には真珠の貝柱がドンと盛られている。

お会計の時に女将さんにお魚の名前を尋ねてみました。
するとカウンターの奥からご主人が出てきて下さり「タチウオ・イシダイ・アジ・ブリ・貝柱です。」と答えて下さいました。

なんて贅沢で志摩らしい! まさしく『漁師丼』

ご主人に「弾力があってモチモチと美味しかったです。」と言うと「新鮮だから。」とにっこり。

料理人であるご主人のお父様が「千秋丸」という船に乗る漁師さんだったということでお店の名前がついたそうです。

No S4 志摩料理・千秋丸 (せんしゅうまる)の特製!漁師丼
~味噌汁・サラダ付き~
詳細ページはこちら
http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop5.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S5  はなまるのはなまる焼き
~地ダコと志摩さん青さの揚げ玉入りだし浸し~(2月7日訪問)

はなまるの大きな看板を目印に布施田小学校の前を通って布施田の町中に入り込む。ワクワク。

カラフルな看板とカラフルな建物で迷わず到着。お店の中に入ると志摩s-1ぐらんぷりの冊子を持っている男性がいらっしゃいました。スマホに保存しているお店の写真の見せあいっこをしながら情報交換に盛り上がる(*^-^*)

ローカルの番組 志摩あるきで見た店主ご夫妻は、実際に会っても地元のお子様から学生、お年寄りまでに愛されている風の親しみやすい雰囲気のお店でした。

そして実食!

大きなたこが入ったカリッカリの大きなたこやき5個。そこにアオサの揚げ玉やもみのりがたっぷり入って、そこに湯気がたちこめるほどの熱々のお出汁が注ぎ込まれる。

私がグルメリポーターとしてつける二重丸・三重丸をはるかに超える『はなまる』でした。

子供たちのお土産にテイクアウト3食分 お持ち帰りさせて頂きました。

No S5  はなまるのはなまる焼き
~地ダコと志摩さん青さの揚げ玉入りだし浸し~

http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop17.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S6  Dining Cafe Faro のファロバーガー (ドリンク付き) (2月8日訪問)

安乗埼灯台が建つ公園の敷地内に大きな黒板がひと際目を惹き、そこにはランチメニューが白いチョークで書かれています。(3枚目の写真)

海を眺めながら安乗の地魚を食べられるカフェ。

学校の教室を思い出すストーブとレトロなミシンが印象的な店内。

「安乗をもっとPRしたくて」と安乗の若い人たちが営むカフェです。

ファロバーガーは白身の魚フライとゆで玉子たっぷりのタルタルソースとキャベツとの組み合わせがサクサク! これなら魚嫌いな人でもいけます。
ウワサ通り! 期待を裏切らない! いえ。期待以上の美味しさでした。

志摩s-1ぐらんぷりが終わっても定番メニューになってくれると嬉しいな。

このファロバーガーはドリンク付きで650円(税込)

詳細ページはこちら>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop13.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S7 FIORE(フィオーレ志摩)の伊勢志摩ロイヤルポークのカツレツ(2月13日訪問)

細い道をくねくねと入り込んだ場所に隠れ家的なレストランがあります。

中に入ると隅々まで見渡してしまうほどのお洒落な店内。

まず最初にテーブルに運ばれて来たのは、店内の暖炉で焼いた焼き芋のスープとにんじんドレッシングのサラダです。焼き方が変わるだけで香ばしくて芯から温まる美味しいスープにほっこり。

そしてメインの伊勢志摩ロイヤルポークは衣にまで味がしみこんだカリカリの分厚いステーキに削られたチーズがふりかけられ、かぼちゃ・さつまいも・にんじん・じゃがいも・ブロッコリーの温野菜が彩りよく盛り付けられ、さらに細かく刻まれたトマトとレモンが添えられています。

「カツレツにトマトやレモンをつけてお好みで味わってみて下さい」ということでしたので、まずは何もつけずに。。。これだけでも十分に美味しく、さらにレモンを絞ると別物に変身。さらにスパイシーなトマトマリネソースと一緒に食べると「ここでしか食べられない美味しさ」だったのでついつい遊び心が芽生え、

あたたかいフランスパンの上にカツレツとオリーブの葉とトマトをトッピングしてみました。

大変感じの良いオーナーらしき女性が抜群のタイミングで食器をさげて下さる。

珈琲豆を挽く音が心地よく・・・ふだんはミルクも砂糖もたっぷり入れるのですがその音を聞いていたらブラックで飲みたくなり。。

食後の煎れたて珈琲まで気のきいた美味しさでした。
ブランドの豚肉なのにサラダ、スープ、パン又はライス、コーヒー付きで1,300円とリーズナブル。

お洒落な店内で空の青さと緑を感じながら美味しいお食事♬

No S7 FIORE(フィオーレ志摩)の伊勢志摩ロイヤルポークのカツレツ
詳細>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop2.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S8 おとやの『てこね定食』(2月14日ランチタイム訪問)

 

創業明治41年

 

鵜方のおとやさんのてこね寿司は、ミョウガがシャキシャキ香りのよいあっさり系のてこね寿司です。
本日の揚げたての天ぷらは海老・シメジ・かぼちゃ・ピーマンでした。
そしてアサリのお吸い物、もずく、サラダ、ガリ 以上で税込1,620円でした。

食べていると調理場からご主人の柔らかい雰囲気の声が聞こえてきます。お会計の時にレジをして下さって、志摩S1ぐらんぷりの冊子にスタンプを押しながら「2個押してあげたいけどいかんのやなー(笑)」と気さくに声をかけて下さいました。
私も「S1ぐらんぷりのおかげでおとやさんに初めて来ました。メニュー表を見てもリーズナブルなんですね。」と言うと「そうそう。昔はよく高そうで入りにくい、敷居が高いって言われたら、そうよ!入りにくいんよ。と答えてたんだけど、ある日から垣根が崩れて入りやすくなったんよ(^^)」と笑い話に。

おとや定食は1200円で他にも造りランチ1,000円 鮨ランチ800円、日替わりランチ800円といった昼食メニューがあります。

店内はテーブル席・カウンター・お座敷があり20名ほどの慶事、法事などにご利用頂けます。(メニュー表に書いてありました。)

No S8 おとやの『てこね定食』
詳細>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop9.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S9 しまてらすinJonny’sの紅真珠(べにしんじゅ)ダッチ (2月15日10時訪問)

シューのようなパイのような生地に志摩市の特産いちご 「レッドパール」を沢山使ったダッチベイビーは中央にドカンとバニラアイスがのっかってる熱々でありながら冷たい不思議な贅沢デザート。

バニラアイスが鉄板の上でどんどん溶けていくので時間が経つごとに生地の味も変わってゆき、最後には高級な練乳でいちごを食べている気分になりました。

オーダーの時にs-1ぐらんぷりの冊子を見せるとドリンク付き1,000円(税込)になります。

近鉄電車が停車するのが見える店内は4人テーブル席が5席あるので組み合わせ方で団体様も可能です。

そしてカウンター席が5席 壁側に面しているので私のように一人でも入っていきやすいし居心地も良かったです。

朝7:30オープンなのでモーニングとして利用させて頂きました。

No S-9 しまてらすinJonny’sの紅真珠(べにしんじゅ)ダッチ
http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop1.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S10  旬菜デリカ バナナリーフの志摩めぐりおにぎり弁当(2月14日 17時訪問)

 

バナナリーフはイオン阿児店1階のお弁当やさん。
志摩でお弁当を作っていることを誇りに勝負しているかのようなお弁当をワンコインで購入することが出来ます。

ランチタイムに女子に人気の6つのプレートに見立てたようなお弁当箱に

・志摩名物手こね寿司のライスコロッケおにぎり
・日替りおにぎり(この日はアサリと春雨のせピラフおにぎり)
・志摩産パリパリのあおさ天巻き
・波切産かつお生節添えひじきご飯おにぎり
・志摩産パールポーク巻きのおにぎり
・越賀産きんこ芋のおはぎ風おにぎり

が並んでいます。

アイデアが凄い!
私はこの志摩s-1ぐらんぷりにはこういう普段食べられない味とリーズナブルさを求めてさまよっています。

この6品の中で特に気に入って、「もっとたくさん食べたい!」と思ったのは”志摩産パリパリのあおさ天巻き” と ”越賀産きんこ芋のおはぎ風おにぎり”です。

No S-10  旬菜デリカ バナナリーフの志摩めぐりおにぎり弁当
詳細>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop3.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S11  幸寿司の極みガツオのてこね御膳~志摩の幸天ぷら・サラダ・青さのお味噌汁付き~(2月16日訪問)


鵜方の幸寿司でてこね寿司を食べるのは今回で4度目! ここのてこね寿司は人に教えたくなるてこね寿司です!
ご主人が30年も作り続けているてこね寿司、昔は都会の人に知ってもらいたくて東京や大阪の百貨店の物産展にも売りに行っていた経験もおありなんですよ。
おとなしくて優しそうなご主人からは想像できないのですが、てこね寿司作りに関しては自信とプライドを持って作っているという気迫さえ伺えるそんな味のてこね寿司なのです。
まずてこね寿司は漁師たちが船の上で作っていた郷土料理。そのことが伝わりやすいように器は桶で出てきます。
ご飯はもち米が入ってる?って思うほどモチモチ。そこにしっかりと絡まった秘伝のタレ。そしてご主人が選ぶかつおのヅケは1切れ1切れに厚みがあり口の中にいっぱいになるほどの大きさです。そして胡麻、シソ、もみ海苔がまぶされています。
何度食べても飽きのこない、また食べたくなってしまう美味しさ。
そしてご飯の方が先に食べ終わってしまうほどの沢山のカツオ。
天ぷら・サラダ・青さのお味噌汁がついて1,512円(税込)

テーブル席6席の奥にお座敷

カウンター席5席


No S-11  幸寿司の極みガツオのてこね御膳
詳細>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop6.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S-12 海鮮&ダイニング トルバドールの『志摩沖マグロと志摩産山芋の山かけまぐろ漬け丼』(2月17日訪問)

志摩市の中心ともいえる大きな交差点。立地条件が良いためか沢山の飲食店が集まっています。R260号線にあるトルバドールはカントリーチックなオレンジ色の大きな看板が目印。海鮮料理のメニューを中心としたお店です。

 

マグロのヅケとトロ~リネバネバの山芋と大葉の相性が美味しくて箸が止まらず、丼ぶりに盛られた白いごはんと共にズルズルっとあっという間に完食してしまいました。

こちら驚きなのは、自家製鮎の甘露煮と茶碗蒸し、サラダ、味噌汁、香の物がついて1,000円(税込)。
美味しかったですよ~。大満足です!

とるばどーるさんの店内は4人テーブル4席と6人テーブル1席とカウンター席5席あります。

店内のインテリアにも細かいところまでこだわりが沢山。
お洒落でセンスのいい、愛想も抜群の若いご夫婦のお店です。

No S-12 海鮮&ダイニング トルバドールの『志摩沖マグロと志摩産山芋の山かけまぐろ漬け丼』
詳細>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop10.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S-13 鶏酒肴 dining 酉のや(とりのや)の酉のや風 元祖志摩らーめん(2月20日 夜訪問)

鶏料理やさんに鶏チャーシューの絶品ラーメンを提供しているお店がありました! それは酉のやさんです!・・・って知ったかぶりの私! それもこれも『志摩s-1ぐらんぷり』のおかげです!

ラーメンの上にのっかった柔らかな鶏チャーシュー・ゆで卵・青さ・白ごま・ネギ。

鶏肉に詳しく鶏料理に自信を持っている人だからこそ作れるラーメンのスープは左手のレンゲが離せないほど美味しく(このラーメンを食べた人ならこの気持ちわかってくれるはず。)

冊子をみると鶏ガラと魚介・野菜からじっくり時間をかけてダシを取り更に志摩産パールポーク(志摩産ブランド豚)の背脂でコクを出し、志摩産かつおぶしで風味を増しているとのこと!

納得です!凝ってるスープだからコッテリなのかアッサリなのかわからなくなってしまうくらい、そしてレンゲから手が離せなくなるくらい美味しいのです。

他にも希少部位の盛合せや

フォアグラと大根のソテーなども注文しました。

そしてこの志摩s-1ぐらんぷり開始と同時に始めた「チンチロリンハイボール」が大人気だそうです。

チンチロリンハイボールとは???

サイコロ2個を振ると器の中で「ちんちろり~ん」と鳴り響きます。
・出た目がゾロ目だとハイボール1杯無料!
・出た目の合計が偶数でハイボール1杯390円(通常490円なので100円安)
・出た目が奇数だとメガジョッキ(内容量2倍)980円

ちなみに夫は2回とも奇数でした((笑))

店内に「ちんちろりーーん」という音で盛り上がるこのイベントは3月末までだそうですよ(^O^)/

鶏酒肴 dining 酉のや(とりのや)の酉のや風 元祖志摩らーめんは850円(税込)
詳細>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop15.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S-14 osteria Jam(オステリア ジャム)の伊勢志摩ロイヤルポークのロースト、アオサのグリッシーニ添え 900円

注文してからまず最初に前菜の4種盛りが出ます。こちらはチャージ代200円の代わりを意味するのでお会計時には200円が加算されます。

そして1枚目の写真の伊勢志摩ロイヤルポークのローストはお皿の上の3種類のソースでいただきます。(アカモクソース、ハニーレモンソース、真珠塩)

ローストだからこその柔らかさ。私は真珠塩でいただくのが一番シンプルで気に入りました。もちろんアカモクソース、ハニーレモンソースも余すことなくたっぷりつけていただきました。

ずっと気になっていたお店。夜だけの営業なのでなかなか行く機会がなく初めて入店しました。
お店の外観からイタリアンだということは知っていましたが、メニュー表を見ると食べたことのない料理名が沢山並んでいて、「たこときのこの香草ガーリックバター」と「ブルーチーズとサルシッシャとトマトのピザ」を注文しました。

どれも自分には作れない味、美味しさに感動でした!

No S-14 osteria Jam(オステリア ジャム)の伊勢志摩ロイヤルポークのロースト、アオサのグリッシーニ添え
詳細>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop16.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S-15 イワジン真珠 喫茶室のパールポークウィンナーのあおさクリームスパゲティ(サラダ・ドリンク付)(2月20日ランチタイムに訪問)

パールポークというネーミングが真珠店にぴったり!しかも今話題の伊勢海老よりも高値で入札されているアオサを使用しています。
しかも乾燥したものではなく「生アオサ」を使用しています。

パールポークとあおさ以外にも野菜が豊富に菜の花・しめじ・パプリカ・ネギ・ナス・アスパラが入っていました。野菜は日替わりだそうですが中でも菜の花がシャキシャキしていて美味しかったです。

そして華奢なマンダリンスパゲティの美味しさの決め手となるクリームソースはスープのようなシチューのような芯まで温まるソース。スプーンの上でフォークに巻き付けたスパゲティは、猫舌を忘れてしまうほどの美味しさでどんどん口に運んでしまいました。

サラダにかかったドレッシングはアーモンド入り。
コーヒーは酸味がほとんどなく香ばしい味。
コーヒー豆のことを尋ねてみるとインドネシア・スマトラ島アチェ地方、ガヨ高地にて有機栽培されている「ガヨマウンテンスマトラ」という人気の高い珈琲だそうです。

これらがセットで1,100円だなんて良心的すぎますね。

イワジン喫茶室は伊勢志摩サミット開催前の賢島を取材するメディアに引っ張りだこだったお店でイワジン真珠店と併設しているジャズが流れる静かなお店です。

No S-15 イワジン真珠 喫茶室のパールポークウィンナーのあおさクリームスパゲティ(サラダ・ドリンク付)
詳細>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop4.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

No S-16  Cafe.C.Cの波切節 アヒージョパスタ (2月21日訪問)

志摩市大王町波切 国道260号線沿いにお店を構えるカフェC.Cはとびっきりの笑顔で迎えてくれる素敵な女性スタッフさんがいるお店です。

そして波切といえばカツオ節が有名ですが、カツオの生節をパスタに仕上げるという地元愛にあふれたメニューを提供しておられます。

ニンニクや唐辛子、オリーブオイルなどで作るアヒージョソースはパスタやカツオの生節、えび、ブロッコリー、シメジ、プチトマトにとてもよく合っていて、添えられたバゲットにもたっぷり浸すようにつけて食べることをおすすめします。

お値段はスープ付きで900円(税込)

Cafe.C.Cさんのランチメニューは大変お値打ち価格で、12時過ぎになると客席がいっぱいになり、S1のエントリーメニューよりも黒板のランチメニューのオーダーの方が多いように感じました。

お得にお食事が出来たのでドリンクメニューに載っているスイスモカ(430円)を注文しました。
チョコレートを加えたコーヒーにあふれるほどのホイップクリームが入ってます。今日も猫舌を忘れて飲んでしまいました。

朝、家を出るときは雪が降っていて凍えそうだったのに、帰りには顔も真っ赤になっているのがわかるほどポカポカ温まりました。

No S-16  Cafe.C.Cの波切節 アヒージョパスタ
詳細>>>http://www.s-1g.com/shop/shop-data/shop14.html

以上で『志摩s-1ぐらんぷり』http://www.s-1g.com/ 全店制覇しました。

今回のイベントでは入ったことのないお店や食べたことのないメニューを知ることが出来て良かったです。

「また行きたい! 」「また食べたい。」と思ったお店が沢山ありました。5位くらいまで決めるのは簡単ですが2位まで決めるのは難しいですね。

沢山の方が参加していろいろな人の投票でグランプリが決まるのは食べた人にとっても興味があるし、お店側もドキドキですよね。

締め切りの3/20までまだ1ヶ月くらいあります。

『志摩s-1ぐらんぷり』http://www.s-1g.com/

この記事のライター紹介



山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「女性でも塗れる」与那国島の「化石サンゴ」 を主財とする壁の塗材…
  2. なでしこ会の”いばらまんじゅう”作り (…
  3. 干物屋としての歴史 100年!南伊勢町 のやまきち
  4. 彼岸花と案山子 (アスピア玉城)
  5. 草木染め工房 「遊」
  6. 2020年 安乗漁港 三重ブランドあのりふぐ漁 今季初の入札が行…
  7. 大王町波切の居酒屋 向日葵が鵜方に移転し新たにオープンしました!…
  8. お魚大好き!海辺のかわべ屋さん YOUTUBEチャンネルのご紹介…

お散歩日記

  1. 賢島を周るには1日では足りない???
  2. 浜島 大矢浜海岸
  3. 志摩町の海をドライブ♬
  4. 国崎をぐるり観光
  5. 御座の石仏地蔵尊
  6. 南伊勢町・贄浦(にえうら)
  7. 相差
  8. 電車で志摩マリンランド
  9. 産屋坂(志摩市大王町波切)
  10. 8月3日(日)のおかげ横丁とおはらい町

新着記事

PAGE TOP