伊勢志摩の祭り

菅島の灯台 本日のみ無料開放で登ってきました。

菅島灯台
今日は運が良いことに、年に3回ほど無料公開されている菅島灯台へ登りました。
海上保安部の方が「運がいいねー。これからは幸運に恵まれるよ。」でしたっけ?
ちょっと疲労で頭がボヤけていたので忘れましたがそんな感じのことをおっしゃってくださいました。
疲れが吹っ飛びました!!


この付近の海は、江戸時代から廻船の重要な航路であったが、数多くの岩礁があり、
遭難する船が絶えませんでした。
そのため、この地には早くから「かがり火」が設けられてきました。
この「かがり火」が現在の菅島灯台の前身で、我国灯台の父と言われる
英人リチャード・ヘリー・プラントンの指導により建設されました。
明治六年七月一日に点灯し、洋式灯台としては最も初期のもので、
工事用のレンガ作りから始められました。
この灯台はレンガ造りとしては我国最古のもので、当時の職員宿舎は重要文化財として、
犬山の「明治村」に移築保存されております。

菅島灯台(すがしまとうだい)は、三重県鳥羽市にある菅島の白崎に立つ白亜の中型灯台。
「日本の灯台50選」に選ばれている。また、現役では日本最古のレンガ造灯台であり、
建設当初の姿を現在に伝える歴史的・文化的価値の高さから、Aランクの保存灯台に指定されている。(wikipedia)

360℃パノラマ  右手に見える神島と伊良湖水道が近くに感じる。

点灯するライトを間近で見て

てっぺんにいるからこそ撮れる写真を撮ってみました!!
あいにくバッテリー切れになり
帰りの船ではスマホで・・・

夏空と入道雲 いいですねぇ~。 楽しいプチ旅行の気分でした。
弊社が8年前に実際に観光してまわった菅島の観光ご案内も是非ご覧下さい。→★

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 御田植神事 / 平成25年 御田植祭
  2. 御座爪切不動尊祭(志摩町御座) 御座小学校全校生徒と中学生4名が…
  3. 竹取神事 stage2 / 平成25年 伊雑宮御田植祭 (志摩市…
  4. 御田植祭(伊雑宮) 其ノ二
  5. ③潮かけ祭り 2013 いよいよクライマックスへ (志摩町 和具…
  6. 御座爪切不動尊大祭 // 神輿を担いでわっしょい! わっしょい…
  7. ①第53回 伊勢えび祭 (志摩市浜島町) 2013年6月1日(土…
  8. 式三番 ~修祓  / 平成25年 伊雑宮御田植祭 (志摩市磯部町…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP