伊勢乃志摩子ch.

伊勢・猿田彦神社「みちひらきの御神徳を表す八角形の方位石の触れる順番」

古事記や日本書紀で活躍した神様が天照大御神が祀られている内宮のすぐ近くにいらっしゃるお話をしたいと思います。

 

古事記で有名な場面のひとつ、天照大御神の孫 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が地上を治めるための天孫降臨のとき、いくつもに分かれた道を立ち往生していたところ、道案内をした神様、猿田彦大神が祀られている猿田彦神社。

 

そして天岩戸開きの時に踊りを踊った神様 天宇受売命(あめのうずめのみこと)が祀られている佐瑠女(さるめ)神社に行ってきました。

みちひらきの御神徳を表す八角形の石柱は、かつて御神座のあった神聖な場所にある方位石。

 

風水では次の順番で触れるといいそうです。

 

仕事運…亥(い)⇒卯(う)⇒未(ひつじ)

金運……巳(み)⇒酉(とり)⇒丑(うし)

家庭運…申(さる)⇒子(ね)⇒辰(たつ)

人気運…寅(とら)⇒午(うま)⇒戌(いぬ)

でも神社の貼り紙には特に決まりはないとあったので、 生まれ年の干支や今年の丑(うし)を触るのもいいでしょう。

境内にはたから石、子宝池、さざれ石 パワースポットが沢山あります。 お出かけ前には是非公式ページをご覧ください。

 

猿田彦神社  https://www.sarutahikojinja.or.jp/

して私も「伊勢志摩.com」というブログに「日本神話と御朱印めぐり」というカテゴリを作成して御朱印めぐりをしています。 おすすめ動画のリンクも貼ってありますので是非チェックしてください。 https://xn--qoqp7gl6ozre.com/?p=10027

 

 

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 天の岩戸に天手力男命(アメノタヂカラオノミコト)の手形が!
  2. おかげ横丁とおはらい町を歩きます。
  3. 外宮参道の神話占合(うらない)の結果が見事当てはまっていたお話
  4. 伊勢神宮の駐車場とアクセス方法を紹介します。
  5. 伊勢神宮 初詣はシャトルバスの利用をおすすめします。
  6. 伊勢神宮 外宮の歩き方をご案内します。
  7. 伊勢神宮 内宮を参拝マナーを解説しながらご案内します。
  8. これは倭姫さんの遺蹟。天井石の下から鏡や勾玉が出てきたというお話…
PAGE TOP