地域のニュース

志摩町のお宝を掘り起こして♬ 志摩音頭 復活レポート① (志摩いそぶえ会)

志摩町でのお祭りやイベントで踊られる「奥志摩音頭」(唄 都はるみ)は地元の若い世代の人にも知られていますが、「そういえば20年前くらい昔、志摩音頭もあったよね。運動会で踊ったよね~。志摩町の名所も知ってもらえるし、また復活させよう!!」と志摩いそぶえ会が立ち上がりました。

昨日は第一回目の練習が始まるとのことで練習風景を見せて頂きました。

9417

今日はいそぶえ会のメンバー以外の方も参加して下さり、志摩音頭が流れ始めると、体が覚えているかのように自然と輪になって踊り始められました。

初めは「手はこうよ。」「足はこう。」「そこは2回じゃない??」となかなか全員が揃わず・・・そんなやりとりがとても和やかで

9423

約1時間を過ぎたころ、ようやく皆さんの足並みは揃いました。

志摩音頭は1曲5分を超える楽曲で、歌詞は御座→越賀→間崎→和具→布施田→片田の名所を舞台としています。
(写真は堀 松批佐さんにもご協力頂きました。)

「浜島の踊りも復活したし、きっと阿児町や他の5町にもあると思うんです。またそういう地区の踊りがそれぞれ復活するといいな~って思うんです。伊勢志摩サミットが終わっても地域のために何か出来れば」と太田啓子さん。今後、衣装も揃えてお祭りやイベント会場で積極的に踊れるように活動していきたいとのことでした。

 

◆「志摩いそぶえ会」について

志摩町の旅館・飲食店・真珠店などの女将たちが集まり2003年11月に発足した「志摩いそぶえ会」は、これまでに海藻のお料理本「きらりレシピ」本を制作したり、てこね寿司・おんこ寿司・郷土料理・海藻料理の郷土料理の体験料理教室を開催する他、観光協会志摩支部の花壇の清掃やパソコン教室など勉強会も積極的に取り組んでこられました。最近の活動では、130食の【サ海ット弁当】を作ったり、ぎゅーとらさんで「いそぶえ弁当」を販売(てこね寿司・鳥羽の旬シラスご飯・あおさ入り玉子焼き・アラメと野菜の酢の物・鯵のフライめアカモとあおさの佃煮 等)

 

志摩いそぶえ会応援サイト
>>> http://www.izumi-soft.co.jp/~scoal/shimaisobuekai/

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 鳥羽のおいしいスイーツなどを食べ歩き「みなとまち 鳥羽のワンハン…
  2. お店の名前は『島のパン家~HaNaRe(ハナレ)~』
  3. 南伊勢町の宿田曽漁港で、伊勢海老の初水揚げと入札が行われました。…
  4. 『カネキチ食品株式会社』代表の宇留田貴司さん
  5. 古布リメイクアートの展示会準備中の「美映子の部屋」
  6. ヒロシマ・ナガサキ原爆展
  7. 伊勢志摩サミット閉幕
  8. 平成28年度あぐりスクールのレッドパール・イチゴジャム作り
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PAGE TOP