管理人ブログ

饒速日尊(にぎはやひのみこと)の神話でのエピソード(東大阪市・石切劔箭神社)

呼び慣れていた「石切神社」の正式名称は「石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)」というそうです。
その建物のてっぺんにも象徴しているように、日本神話で神武天皇よりも先に大和の国に天孫降臨をしていた邇芸速日命(にぎはやひのみこと)が御祭神であることを現しているのでしょう。
邇芸速日命は物部氏の祖神。

御朱印をいただく崇敬会館には、ニギハヤヒと神話のエピソードが描かれていました。

十種神寶(とくさのかんだから )拝受図 / 奉納・阪野智啓

饒速日命(にぎはやひのみこと)が降臨される際に十種神寶(とくさのかんだから )を天照大神から授かる様子を描いています。

十種神寶は人心や病を治めるための瑞宝の総称です。

・沖津鏡(おきつかがみ)
・辺津鏡(へつかがみ)
・八握剣(やつかのつるぎ)
・生玉(いくたま)
・死返玉(よみかえしのたま)
・足玉(たるたま)
・道返玉(みちかえしのたま)
・蛇比礼(へみのひれ)
・蜂比礼(はちのひれ)
・品物之比礼(くさぐさのもののひれ)

饒速日尊降臨図 / 奉納・阪野智啓

当神社の御祭神である饒速日尊が天照大神の神勅を受けて我が国を治めるために天降られた様子を描いています。
饒速日尊は天孫 邇邇芸命(ににぎのみこと)の兄神にあたり、河内国河上峯哮(たけるがみね)現在の生駒山周辺に先に天降ってきたことが「先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)」に記されています。
当地を見事に治めた饒速日尊は御東征されてきた神武天皇に国譲りを行い、ここに大和の平定は完成し我が国の基いが橿原の地に開かれました。
降臨図は大抵の神道絵画では天空より降ってくる様子が描かれますが、作者は海道を天磐船で向かう構図を採用しています。

御朱印をいただいてから


石切参道商店街を歩きました。なんとも昭和レトロチックでここだけは何も変わっていなくて、ウルウルしてしまいました。

石切参道商店街 NHKのテレビ局がきていました。

動画を撮りました。雰囲気みてください^^

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 古事記に夢中!お薦めの本とお気に入り動画
  2. 神話巡りの旅は、ついに出雲の国へ・・・
  3. 八尺鏡野の地名は皇室の三種神器の「八咫鏡」に由来 (和歌山県東牟…
  4. 椿大神社・椿岸神社 (三重県鈴鹿市)
  5. 八咫烏神社と大神神社 (奈良県)
  6. 橿原神宮 日本の第一代天皇 神武天皇即位  紀元二千六百八十二年…
  7. 枚岡神社の神津嶽本宮(東大阪市出雲井町)
  8. 子供の頃住んでいた地域の氏神様 宇波神社(東大阪市加納 )
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

PAGE TOP