「人」

「漁師になりたかったんです。」畔志賀漁師塾 一期生 井上和さん。(34)

「漁師になりたい。」
そのひたすら一途な気持ちで、気仙沼や静岡で海の仕事に携わり、漁師での独立を目指して畔志賀漁師塾の塾長の城山秀治さん(72)(三重外湾漁協理事)と出会い、東京から志摩へ移住をして漁師になられました。
平成26年(現在)で漁師歴4年目の井上和さん(34)。
冬場は刺し網での伊勢海老漁、夏場は素潜りの海士としてアワビ漁をしておられます。

※畔志賀(あしか)漁師塾とは大王町畔名、阿児町志島、阿児町甲賀の3地区で漁師を志す人達を支援する団体です。

 

この記事のライター紹介
山本 智加子(やまもと ちかこ)
Web魂えぶりしんぐにてWEBデザイナー&カメラマン
えぶりしんぐ
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階
ライター歴20年・Facebook 地域情報 伊勢志摩版などの記事を書いています。

山本 智加子(やまもと ちかこ)自己紹介
本業はWEBデザイナー兼カメラマンですが、最近ではWordPressでホームページを作ったり、パンフレットを作ったりのお手伝いを楽しんでおります。
地元、伊勢志摩のイベントや祭り情報や地元の美味しおススメの飲食店、伊勢志摩で一生懸命に働く人、観光情報などを投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 五ヶ所みかんをつくりはじめて100年
  2. 平成28年鳥羽志摩産の「三重オクラ」の出荷が始まりました。
  3. 『ギャラリー 奥伊勢』は15年前に大阪から移住した谷藤 重美さん…
  4. 安乗の昔の写真
  5. 1000食まで対応!!配達用のお弁当専門店の志摩フードサービス!…
  6. 「アコヤ貝から取りだした真珠で世界でたった1つのアクセサリーを作…
  7. 2020年 安乗漁港 三重ブランドあのりふぐ漁 今季初の入札が行…
  8. たかお農機店が販売することになった「松阪牛の牛糞を混ぜた肥料」で…
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP