日本神話の神様

ホツマツタヱ 17綾 神鏡、八咫の名の綾

天皇家 代々受け継がれる三種の神器のひとつ 八咫の鏡の名前の意味が、古事記・日本書紀の元となったと言われるホツマツタヱ 17綾に書かれていました。

アマテル神の言葉で語られます。 鏡には全てが写る。誰も見ていないと思っていても 天元の守りは見ている・・・

 

 

この記事のライター紹介
伊勢乃志摩子
WEBデザイナー&カメラマン&ブロガー&ユーチューバー
住まい:三重県志摩市横山展望台から見える伊勢志摩国立公園の中
高校時代からの趣味は写真📷ウェブサイト制作歴 22年

profile
2000年 ウェブサイト制作事業スタート
2016年  S・O・L・A・R・I・S始動 
コマーシャルフォト・ポートレイト撮影
アルバム、フォトブック、パンフレット、名刺など印刷物制作、動画制作、SNS指導もやってます。
気まぐれに地域情報を投稿しています。
取材や掲載希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。お仕事のご依頼も大歓迎です!!
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 頭が良くなりそう!学問の神様がニ柱も祀られる田丸神社(三重県度会…
  2. 三重県の熊野市は、初代・神武天皇の上陸地
  3. 皇大神宮別宮  瀧原宮の御朱印(三重県度会郡大紀町滝原)
  4. ホツマツタヱ 8綾についに登場!アマテル神と三種の神器(三重県伊…
  5. 月讀宮(つきよみのみや)の御朱印
  6. 大祓詞(おほはらへのことば)の中で唱えられる水の神様 瀬織津姫(…
  7. 日本最古の神社が三重県の熊野にありました。花の窟神社はイザナミノ…
  8. 佐瑠女神社例祭のための奉納された提灯は2000個(伊勢市宇治浦田…
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ

PAGE TOP